前回に引き続き、Boothでの課外活動についてです。

Boothというとアカデミックな印象が強いせいかあまりイメージされませんが、前回のポストの通りそれぞれのクラブが結構アクティブに活動しています。自分が所属するラグビー部も本格的に活動しており、秋学期は週3回授業後の練習がありました。(もちろんリクルーティングなどもあるのでだいたい皆週2ぐらいの参加です。)MBAトーナメントも開催されており、秋春1回ずつの遠征があります。Boothは徐々に強くなってきており、去年の春のトーナメントではアイルランドの学校や東海岸の学校にも勝ち、ベスト8に進みました!また、昨春は負け続けていたライバル校に勝利、そのあとチームで大盛り上がりし、翌日は全身の痛みと二日酔いで起きられませんでした。

201605_all.jpg

どんな活動でもよいですが、皆で一緒に夢中になれることはやっぱり楽しいですね。コミュニケーションも活発になり友人も増えます。アメリカでラグビーは徐々に人気になってきている印象ですが、まだマイナーなスポーツで、プレー歴の比較的長い自分など決して上手いわけではないですが、多くの部分でチームに貢献でき純粋にうれしくなります。

自分がいきいきと楽しみながらコミュニティーに貢献していけることはとてもよい循環を生みます。好きなこと、得意なこと、興味があることについての活動ですと自分から進んで何か発信する機会は多くなり、友達も増え、自信もついてきます。そうなってくるとこっちのもので、提案や挑戦もより増えてきてコミュニティーへのInvolvementもより高まります。ノンネイティブの場合、言語の壁がある分、上記の効果はとても大きいと思います。

AS

広告