こんにちは2年生のNKです。本日はChicago Boothにおけるスポーツについて書かせていただきます。

MBAでの他の学生と関わる機会としては、授業やソーシャルイベントのほか、スポーツもあります。Chicago Boothの学生(Boothiesと内輪では呼んでます)の中にもスポーツ好きが沢山いまして、Student-led Groupsの中にはSportsだけでも11のクラブがあります。私はというとその一つ、Chicago Booth Basketball Club(名前はそのままですね)のメンバーです。

Chicago Booth Basketball Clubでは、週1-2回の練習に加え、冬の一大イベントであるBooth vs Kelloggの対校試合、年最大3回のMBAトーナメント参加、などを行っています。Chicago Booth Basketball Clubの活動ではありませんが、アジア系のRegional Groupsが中心となって行うKelloggとの交流試合も年2回ほどあります。

以下、写真とともに各活動をご紹介します。

  1. Booth vs Kellogg(於:United Center)

    同じ中西部のライバル校として、Kelloggとの一戦はMBA全体でも盛り上がります。なんといっても、NBAのChicago Bullsの本拠地であるUnited Centerを借りて、Bullsの試合の前座試合として争う、力の入りようです。200人以上のBoothiesが応援に集まり、対校試合を楽しんだあとは、Bullsの試合を観戦する流れとなります。

     

  2. MBAトーナメント

    毎年、UCLA、HBS、Georgetownの各校でMBAトーナメントが行われます。各回、15チーム以上が参加し、MBAのナンバーワンを争います。上記Kelloggとの試合と同様、プライドをかけて戦うので、試合そのものは非常にintenseになります。(写真はHBSでのトーナメントの集合写真)

    hbs

  3. アジア人によるBooth vs Kellogg

    Booth、Kellogg双方のアジア系のStudent-led Groupsが中心となり、交流試合を行っています。こちらはアジア人のみの参加となりますので、日本人の活躍の機会が若干増えます(笑)。バスケットボールを楽しんだあとは、Mixerを開いて親睦を深めます。

    kellogg_2

Chicago Booth Basketball Clubでは、以上のとおりガチンコの試合もやりつつ、みんなが楽しめるゲーム形式の練習などを運営しています。MBAに入った後の楽しみの1つとして、スポーツはいかがでしょうか?

広告