Japan Clubは定期的に学校とミーティングしており、本日はアドミッションとミーティングしてきました。日本からのアプリケーションへの注目度は去年にも増して高まっており、日本におけるネットワーキングイベント、卒業生の学校とのコミュニケーションも更に活発化してきています。今後、学校から日本へのプロモーションは確実に増えると実感するミーティングとなりました。

1stでpeer schoolsに出願したがBooth未出願の人、2nd準備中の人はBoothへの出願を強くおすすめします。是非検討してみてください。エッセイはある程度できていれば受験校を1校増やすのはそう難しいことではないと思いますので。

細かいことはWebinarでお話できればと思いますが、(将来的なキャリアも含めて)PE、VC、ヘッジファンド、社内における事業投資などを考えている人は必ず出願すべきだと思います。

また、私費の方は社費/私費のバランスがいびつなところに出すよりAcceptance rateが高まるのではないかと思いますし他にも色々といいことあるのではないかと思います。ちなみに自分の場合も学校から奨学金を頂くことができました。

AS

広告