1年生のWです。
シカゴも最近ようやく安定して暖かくなってきました。
暖かくなってくるにつれて、シカゴの街中でもジョギングなどスポーツを楽しんでいる人を多く見かけます。
そこで、今日はシカゴでのスポーツの楽しみ方について(観るのではなくて、やるほう)。MBAといえば、まずはゴルフ?日本と違って、手頃な値段で楽しめるのでアメリカに来てから始める学生も多いようです。シカゴにもダウンタウンから車で数十分のところにコースがあり、平日でも気軽に楽しめる環境にあります。私はゴルフはしないのですが、趣味として、また卒業後のビジネスのツールとしてゴルフはMBAと切り離せないもののようです。

次はジョギング。学生が住むアパートには必ずといっていいほど、ジムが備え付けられていることから、健康維持の目的から多くの学生が日常的に走っています。シカゴは東京と違って、ジメジメしていないことから外を走るととても気持ちが良いです。またシカゴでは、毎年秋に4万人が参加するシカゴマラソンが開催されており、Boothの学生でもマラソンにチャレンジする学生がけっこういます。かくいう私も、シカゴに来た記念に、今年は参加する予定なのですが、まだほとんど練習していません。。。

それほどプレーしている学生は多くないのですが、私が楽しんでいるのがボクシングとテニス。東京で見られるような清潔感があり、初心者でも入りやすいようなボクシング・ジムはなさそうな感じですが、ジム自体の数は多くまた価格も安めなのがよいところです(月40ドル程度。一方の東京は月10,000円くらい。)。ただ日本のジムと違って、腕に覚えのありそうな屈強な人たちが数多く練習しているので、スパーリングは避けたほうが身のためでしょう。テニスも手ごろな価格で楽しめます。ダウンタウンで多くの学生が住むアパートの近所にあるテニスコートの利用料金は1時間$10。コート数も多いため、予約などする必要もなく気軽に楽しめます。ただWindy Cityと呼ばれるだけあって、シカゴは風が強いのが難点。

以上の他にも、バスケットボールコートがアパートの中にあったり、ロッククライミングウォールが近所のジムにあったりと、いろいろなスポーツを気軽に手頃な価格で楽しめます。私は体を動かすこと自体は好きなので、あまりにも多くの選択肢の中でいろいろなスポーツにチャレンジしたくもなりますが、まずは地道にシカゴマラソンに向けて体力をつけようかと思います。

広告