DSC00852.jpg

2年生のKAです。この冬、とうとうiPadを買ってしまいました。来年4月には新しいモデルが出るのでは、という友人の情報に少し躊躇しつつも、誘惑に勝てず、WiFi版を購入です。

私はこれまで、新しいelectric gadgetsについてはどちらかというとlate majorityで、iPodをはじめて手にしたのもアメリカに来る直前、iPhoneもChicagoで購入したのですが、3GSの在庫がないと分かるとあっさり3Gで手を打つほど、こだわりはありませんでした。当然iPadについてもまわりが盛り上がる中、「でっかいiPhoneだなー」という程度の思いしかなかったのですが、秋に受けた授業にすっかり感化され、「Tech難民」回避に向けてようやく動き出したわけです。

この授業は「Strategy Development」といって、すでにこのブログでも過去に紹介されていると思いますが、StrategyのKnez教授が教える人気授業のひとつです。当然Strategyのクラスなのでケースが中心となるのですが、この授業の特徴は電気自動車やe-book、smartphone等、最新のトピックを扱うことで、教授さえも知らない未来に向けて、企業はどのよう戦略をうつべきかをみんなで議論するところにあります。シナリオ分析やbusiness model innovationというフレームワークを活用し、例えばe-book市場に関する今後の動向をシナリオ分析し、既存の出版社はそれぞれのシナリオを基づいてどのような生き残り策をとるべきか、という課題をgroup member間や授業で議論する。古いケースと違って誰もが答えを知らないだけに、現実の戦略立案作業に近い環境を体験できるというのが売りになっています。

当然欠点もあります。教授さえも結果が見えていないため、クラスのディスカッションが拡散したり、過度にフレームワーク重視になったりで、教授も「試行錯誤の繰り返し」と言っていました。ただ、ある商品や市場の未来、今大きくなりつつあるunmet needsを分析し、それに対してどのようなvalue propositionで攻めるかを真剣に検討して議論していく過程は、これまでの授業にない主体性(=自分のビジネスとして考える)が強く求められることから、戦略立案の疑似体験という部分については成功しているのではと感じています。

ということで、ケースで扱ったsmartphoneやe-bookに関心を持った私はiPadを購入し、東京に帰ってからこれを使ってどのように自分の仕事を効率化できるか思いをめぐらしているわけですが、現状はテニスやアメフトゲームばっかりをやっているため、妻から冷たい視線を向けられる日々を送っています。何かいいiPadのアプリケーションがあればどなたか教えてください。

広告