先日シカゴ大学にBill Gatesが来てスピーチをしたので、俺も聞きに行ってみた。
こんな機会は日本にいたらまず無いだろう。いや、アメリカにいても、なかなか無いと思う。
シカゴ大学というアメリカでも有数の大学にいるからこそ経験できたことだと思う。
(数ヶ月前には前財務長官のHenry PaulsonとChicago Booth教授との対談を聞く機会もあった。)

今回のスピーチの内容は、彼が現在注力している慈善活動について。スピーチの後に設けられたQ&Aセッションでは、慈善活動、マイクロソフト、現在の経済状況等々、幅広いテーマについて彼の考えを聞くことができて非常に興味深かった。

MBAとは直接関係無いが、Chicago Boothに居ることで享受できる数多くのopportunityの1つの例として、今回のBill Gatesのシカゴ大学訪問を紹介してみた。この他にも、Chicago Booth、University of Chicagoにいるからこそ経験できることが山ほどある。間違いなく、Chicago Boothの学生であることの1つのメリットだろう。

広告