住居情報

住まいは、ダウンタウンに住む人と、シカゴ大学のあるハイドパーク近辺に住む人と大きく二分されますが、どちらも住環境は充実しています。

 

ダウンタウン 

1.jpg

ダウンタウンに住む人は、世界的な大都市の真っ只中に住む悦びを満喫できます。都市圏人口920万人(全米3位)、摩天楼がそびえ立つアメリカ第2の経済・金融拠点であるシカゴは、日本では「ビジネスの街」というイメージが強いですが、アメリカ国内では実は「観光の街」としても広く知られています。特に部屋から見える摩天楼の夜景には息を飲むばかり。このダウンタウンからHarper Centerへ電車、バス、車などを使って約30分で通学することができます。またダウンタウン中心部にあるGleacher Centerの授業を受講する場合は、シカゴ川とその両岸に立ち並ぶ美しい建築物を眺めつつ、徒歩数分で通学することができます。

大学の催し物、パーティー等はダウンタウン、ゴールドコースト、リンカーンパーク地区で行われる事が多く、これらに出席しやすいというメリットがあります。配偶者の観点からは、日常の買い物から英会話学校やカルチャ-センターなどに至るまで色々と行動範囲を広げることが出来ます。

 

ハイドパーク

2.jpg

ハイドパークに住む人は、ダウンタウンの喧騒から離れ、アカデミックな環境で勉強に打ち込む事ができます。ハイドパークで在校生の多くが住むRegents Parkという高層アパートからは、ミシガン湖を一望することができます。水平線から上がる日の出や、白い帆をあげて停泊するヨット群を見ることができ、リゾート気分を堪能できます。

この地域に住むメリットは、何といっても通学の便がよいことです。授業の合間にアパートに戻ることも可能ですし、大学で行われるグループ学習にも出席しやすくなります。

 

北部郊外(エバンストン、ウィルメット他)

シカゴ市北部の閑静な住宅街。ダウンタウンにオフィスのある日系企業駐在員は、この地域に住む人が多いです。Booth学生では、子供がいる場合、教育面を考えてこの地域に住居を決める人もいますが、ダウンタウンを挟んでHarper Centerまで車での通勤が必要になる場合が多いです。また、郊外ではありませんが、Booth学生はリンカンパーク、レイクビューにもすんでいます。レストランなどが多く、家賃も安いので車を保持している若い学生には魅力的なロケーションだと思います。